車高額査定のコツ » 車売却コラム » 

外車って安く買い叩かれるの?

スタイルなどに個性がある外国車は女性に人気が高まりつつあります。

 

しかし、外車を買おうとすると「下取りで買いたたかれるからやめた方がいい」と言われることも少なくありません。現実に、国産車ディーラーで外車を下取りしてもらおうとしてもその価格はかなり低くなります。

 

これは専門家が見ていないから「安全策」として安い査定しかできないのです。オークションの相場がわかっている買取業者やそのまま自社で中古車として再販売できるインポーターであれば高く買い取ることが可能です。

 

外車が安く買い叩かれると言われる理由は、このように買い取る側に情報がないことが一つの理由です。一時期こそ外車は壊れやすいと言われて、敬遠されていた時期もありました。しかし、壊れやすいと言われていたイタリア車やフランス車というラテン系

車両でも、その中身はドイツ車並みに耐久性が保たれているためそのような事はありません。

 

ただし、国産車ディーラーであれば買いたたかれることが多いため、できるだけ買取店をいくつか回り、一番高い所で売却する方が賢明です。一番いいのは、車を買ったディーラーに売却することです。おそらく大手の買取店に売却するよりいい結果が出るでしょう。

ダイハツの買取相場

大阪に本拠地を置くトヨタ系自動車メーカーのダイハツ工業。基本的には軽自動車の専業メーカーで、年間販売台数は2007年から4年連続1位を獲得しました。

1907年に発動機製造株式会社として創立し、2007年をもって創業100周年を迎えた日本で最も歴史のある量産車メーカーです。
現在のダイハツ工業株式会社に社名を改称したのは1951年のこと。1960年代まではオート三輪業界でマツダと市場を二分してきましたが、小型四輪車・軽自動車の生産にシフトして以降、業界トップメーカーであるスズキとの激しいシェア争いで知られています。

日産の買取相場

リッターカーから商用車まで幅広いラインナップを誇る日産自動車株式会社。トヨタに次ぐ国内2位メーカーであり、乗用車ではフルラインメーカーとなっています。

 

1933年創業。第二次大戦前は日産コンツェルンの一員であり、現在は芙蓉グループに属する企業です。

 

スズキの買取相場

Sのマークでお馴染みのスズキ車。スズキは日本大手の自動車メーカーであり、自家用車として需要の高い軽自動車では、国内屈指の販売台数を誇ります。

 

1909年、大工だった鈴木道雄氏によって創業され、鈴木式織機製作所という織機メーカーとしてスタートしました。

名義が違う場合の査定は?

名義が違う車というのは、車検証を見れば確認ができます。

 

そこに所有者の欄と使用者の欄があると思いますが、使用者が文字通りその車を普段使っている人であり、買取を依頼する人です。

ここで所有者と使用者の名前が異なる場合ということは名義が違うということになります。

タイミングやシーズンによって買取価格が変わる車種の需要

中古車を売るタイミングを気にする人は少なくありません。

 

時期によって買取額が変わってくるというのはよく聞きますが実際のところはどうなのでしょうか。

 

新車ではどれも程度はもちろん同じですが、売れてしまえば乗る人によって車というものは状況が違ってきます。

車の買取と下取りの違い

車の買い替えをする際に今乗っている車を売ろうとした場合、

買取と下取りの違いとしてどちらがよいのか迷う方は多いかと思います。

 

買取と下取りで悩む
そこで、まずは買取と下取りについてその違いを知る必要がありますので、簡単に違いを説明します。

 

買取は、これから新車あるいは中古車を買うか買わないかに関係なく、今乗っている車を中古車買取専門業者に売却することを意味します。

もちろん買い取ってもらったお金は次の車の購入資金に充てることができます。

 

 

一方、下取りとは今乗っている車をディーラーに引き取ってもらい、その代金を次に購入する車の代金の一部に充てる方法です。

 

ランドクルーザーの買取相場が値落ちしない理由

トヨタの名車のひとつに「ランドクルーザー」があります。

 

 

街を走るランドクルーザー

 

 

ランドクルーザーは1954年にトヨタが開発していたジープBJ型の商標抵触を回避するため、ネーミングを変更したことにより、誕生しました。
今では「ランクル」の愛称で知られていますね。

ランドクルーバーはトヨタの中でも最大級の「四駆」としても有名です。

 

そんなランドクルーザーは、「トヨタ最大級の人気の四駆」というほかに「値落ちのしない車種」としても有名です。

口コミをチェック
記事一覧
最新車記事